2014年01月14日

気管支炎原因は〜早く治して予防もできる方法♪

5歳になるサツキちゃんの幼稚園では、
アレルギー性鼻炎や気管支炎になっている子供が
年間通してかなり多いのw(゜o゜)w

原因は鼻水がいっぱい出ることが悪化に繋がり〜
根本的な原因は。。。
そこから考えられたもと店長♪は、
この2年間サツキちゃんかなり調子が良くて喜びなの(^^)

サツキちゃんは
アレルギー性鼻炎で相変わらず年中鼻水が突然
壊れた蛇口状態で出始めたりしているけど
そんな時は
電動鼻水吸引器

のお陰で
黄色の鼻水になる蓄膿症になってしまうほどヒドくなることもなく
元気に幼稚園に行っているから、ホントに安心(*^^*)

電動鼻水吸引器

がなかった約2年前は
アレルギー鼻炎になると、
あっという間に鼻水が喉に落ちる影響で咳が出たり
鼻つまるし夜中に何回も咳き込んで目が覚めたり、
なんといっても花粉症の薬と同じのと抗生物質まで処方されて
ヒドイ時なんて2ヶ月継続して飲むことになったり
こんな小さな身体のうちから薬漬けで大丈夫なの!?
って心配ばかりだったの(;_:)

だって、その当時ある小児科医師が
「抗生物質を長期飲み続けていると
 いざ!感染症にかかって飲む必要がある時に
 薬が効かなくなってしまうよ!!」

という話をしてくれたことで
もと店長♪は本気でこのままではダメだ!と思って(>_<)

電動鼻水吸引器

買ってもう約2年になるけど、
そんな心配がなくなったことが
親として最高の喜び☆

幼稚園に行き始めて一番心配だったのは。。。
砂場や園庭で遊ぶことで砂ホコリを鼻から吸うことで
アレルギー性鼻炎の原因になり〜
鼻水による咳が増えて
気管支炎の原因になるという恐れっっ
ヒドイと喘息になることも有り得るかも!?


朝サツキちゃんに、
園庭で遊ぶ時はマスクするように言い聞かせても
「忘れちゃった〜」
とか
「だってマスク暑いんだもん!」
と言って、ぜんぜんダメ。。。

特に風が強くて砂ホコリが多い日とか、
運動会の練習が毎日続いた時期の夜なんて
鼻水が急激にズルズル始まっちゃうし(--;)

サツキちゃんのクラスに限らず
もともとアレルギー性鼻炎の体質な子が
鼻水と咳毎日マスクして登園していたんだけど
それから数日後に熱出して気管支炎になっちゃったとか
ヒドイ子では喘息になっちゃったとか
いろんなママから話を聞いて
悪化するのが早いことにビックリ!!

11月なんてどのクラスも学級閉鎖ギリギリの人数まで
休みが増えた時があって
休みの理由を聞くと〜
アレルギー性鼻炎、気管支炎、喘息、風邪ばかりw(゜o゜)w

気管支炎の原因というか〜
どの症状でも原因の鼻水がたくさん出始めたら
とにかく鼻水を電動鼻水吸引器

で朝昼晩最低でも1日3回吸い出して
鼻の管に溜めないことで咳が出るのを抑えることが
早く治すポイントみたい(^^)

つまり〜
咳がいっぱい出る原因は、
鼻水が出てきても鼻の管に溜めない!!
咳がいっぱい出なければ病気の予防ができる!!

それを知ったもと店長♪

サツキちゃんは、
アレルギーの血液検査でかなり数値が高いけど
悪化しないから気管支炎や喘息にもなってないし
ちょっと風邪ひいて鼻水出始めても
鼻水黄色の蓄膿症にならないように吸引しているから
中耳炎にもなったことがないのが親として楽♪

中耳炎になるとヒドイ時は
午前も午後も耳鼻科に行って鼻水吸引してもらうらしいものね。。。
中耳炎の治療って大変だわ〜。。。

鼻水吸引器って、
ちょっと高額だから最初は迷ったけど
アレルギー性鼻炎は一生付き合わなければならないし
これから先、学生生活送るようになっても
クラス内で風邪感染も有り得ることだし
長〜い目で見たら
電動鼻水吸引器

を買ってしまえば
重い症状に悩ませることなく
病院へ行く時間も薬による身体の負担も減って
子供が笑顔で元気に過ごせるのを見るのは
親の喜びにも繋がるから今では
本当に買って良かった!なくてはならない最高の品★と
思っているもと店長♪


電動鼻水吸引器の動画こちらで〜す↓
購入当時2歳10ヶ月の子供でも簡単にできるぅ♪


もと店長♪が買った電動鼻水吸引器はコレ↓


鼻水吸引電動器価格比較はこちらで〜す♪>>



花粉症でヒドイ目にあった他のブログはこちら〜♪>>

posted by もと店長♪ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | うならせた買い物☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85325944
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック